かみなみぶろぐ

意識低いです

2016年12月

11/6
山電のS特急に乗りたくなったので乗りに行きました。
IMGP3759_s
S特急は現在(2016年3月改正)平日には上り5本下り3本、土日祝日には上り2本下り3本が運転されています。上りは土休日の東二見発阪急神戸三宮行き1本を除きすべて高砂発阪神神戸三宮行き、下りは全て阪神三宮発姫路行きです。過去には上り須磨行きや上り姫路発の便も運転されていました。
IMGP3774_s
その東二見発阪急神戸三宮行きですが、運のよい事に2編成しかない5000系に当たりました。もっといえばこの日はもう1本の5002Fが入場中だったのでたった1本の5000系を引くことができました。つよいですね。
IMGP3778_s
LED側面幕はなんだかキツキツです。

阪急神戸三宮に到着後は折り返し東須磨行き普通車となり、そのまま東須磨留置となります。
IMGP3786_s
IMGP3783_s
神戸三宮駅は阪急車の乗り入れが新開地までとなった98年以降、阪急の駅で唯一山陽の駅名が表示・放送される駅です。大晦日・元旦の終夜運転の際は須磨浦公園行きも運転されます。
IMGP3782_s
東須磨行き自体そんなに本数がないのでレア寄りの列車といえます。

11月下旬の観光シーズンを迎え、京阪電車では11/19~27日の土日祝日計5日間に臨時快速特急「洛楽」が上り(出町柳行き)2本下り(淀屋橋行き)1本運転されました。今秋9月24日より定期の洛楽は全て7両編成での運転でしたが、このたび約2カ月ぶりに8両編成の洛楽が運転されたことになります。

さてさて、P車なし8両の洛楽が走るのも(正月ダイヤ次第ですが)見納めになるかもしれないということで去る23日に撮影してきました。
IMGP4087_1_s
臨時洛楽1本目は8010Fでした。臨時列車でしたが立ち客が出る程度の混雑で、改めて紅葉シーズンの行楽需要の大きさを感じました。
IMGP4143_1_s


2本目は8006Fでした。8両を示す札をつけた8000系というのも7両編成と混在している今だけの姿ですね。
IMGP4139_s
臨時洛楽と時間が重なる各駅停車は淀駅で臨時に待避しますが、どうもダイヤ設定上カツカツなようで2,3分ほど遅れて発車していきました^^;

IMGP4001_1_s
また、11/3~27日の土日祝日には、午前の快速特急・快速急行各1本が「大原連絡」のヘッドマークを掲示して運転されました。快速特急のほうは無事爆死したので写真がないです(汗)

IMGP4170_1_s
下りの1本については8006Fが充当されました。こちらも前面は爆死したのでケツ撃ちのみです。

↑このページのトップヘ